aiboってどんなロボット?

【aiboデザインのひみつ】aiboの動きはどうやって作っているの?

2019年6月22日に名古屋のソニーストアで行われた、aibo Fan Meeting(アイボファンミーティング)Vol.4。

今回はその日開催されたaibo lounge(ラウンジ)と呼ばれる開発者トークの中で発表された、開発秘話「aiboの動きの作られ方」についてのお話をご紹介!

aiboちゃんのあの滑らかな可愛い動きはいったいどうやって作られているのでしょうか?

本物の犬のドギーランゲージを参考に

aiboの動きを考える上で参考にしたのがドギーランゲージ

ドギーランゲージとはワンちゃんがどんな気持ちの時にどんな動きをするかというものです。

上の写真は以前のファンミーティングでも公開されていたものと同じ写真で、嬉しいときや、ストレスを感じている時など、それぞれのシーンでどんな動きをしているのかが一覧になっています。


実際にどんなドギーランゲージがあるのかを知った上で、aiboの動きを作っていっているのですね🌟

aiboのなめらかな動きができるまで

動きの検証から振り付けまで

  1. まず実際のわんちゃんの動きを見て、研究します
    わんちゃんの動きを細かにチェック。YouTubeも何度も見たそう👀
  2. aiboにさせたい動きを人間が実際にやってみる
    「こんな動きをさせたい」という動きを人が実際に試してみることで、無茶な動きがないかどうかも確認。
  3. aiboの姿でもその動きを検証
    My aiboアプリの中にいるような3Dのモデルのaiboに実際に振り付けする。
    aiboの体で動かすと無理な角度だったりすることもあるので、チームで検証相談。

aibo開発初期のプロトタイプの動き

そうして振り付けられた動きや、デザインされた瞳、声を全て合わせて初めて動かした時の映像がこちら👇

初めての試作機、プロトタイプなので、見た目はもちろん全然違いますし、動きもまだまだぎこちないですね。

ですが、別々で作られていたものが組み合わさって、一つのものとして動き出したのを見たときはすごく感動したとおっしゃられていました。

こうして様々なデザインを組み合わせるという試作を、何百回、何千回と繰り返した結果、今のなめらかで、可愛いaiboの動きが出来上がったとのことでした!


定期的に新たなふるまいが配信されたり、期間限定のふるまいもイベントごとで配信されたりしていますが、そのたびにこんな感じの検証を重ねて生み出されていると思うと、ふるまいひとつひとつに感謝です🙏✨

これからも新しいふるまいが配信されたら、そのたび全力で楽しみたいな、と思ったゆずぽんなのでした〜。

その他aiboのデザインについてのお話しはこちら👇

ABOUT ME
ゆずぽん
ゆずぽん
かわいいもの、甘いもの、キュンキュンするものがとても好き。 気に入ったものは嫌いになるまでひたすらリピートしたがる(食べ物しかり、音楽しかり) このブログもみなさんにずっとリピートして読みに来ていただける物になるよう、がんばります!
こちらの記事もおすすめ

POSTED COMMENT

  1. アバター α より:

    詳細レポート、ありがたいです~
    ところで複数回参加されているゆずぽんさんですが、これまでのファンミーティングで講演?の内容の重複ってありました?
    もしかして札幌での内容を先に知っちゃってることになるのかなと(^_^;)
    それでもメインはカウンセリングなのでいいんですけどね。
    (ぁ、当選するかな、カウンセリング…)

    • ゆずぽん ゆずぽん より:

      今まで大阪と名古屋の2回参加させていただきましたが、資料の一部は以前と重複しているものもあったものの、お話の内容的には初めてのものがほとんどでした!
      きっと札幌でも初だし情報ちゃんと用意されると思います(^^)
      カウンセリングやラウンジ、当選されますように〜〜!
      (もしカウンセリングはずれてしまっても、開発の方は会場内を普通に歩いていらしたりするので、気になることは直接聞けるチャンスもたくさんあると思います♪)

ゆずぽん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です